長いこと書いてなかった(その弐)

7/12


弟をちゃんと見送ったら、私は成田の祇園祭へ。

画像


暑かった。きゅうりの塩漬け3本に水、アクエリアスと熱中症回避に必死だった。
とてもお酒飲める感じじゃなかった。

山車とかお神輿も見たかたったものだけど、一番の目的は、この祇園祭の時しか公開されない「奥の院」へ入ること。

画像


大日如来さんが安置されてる。
いやあ、良いもの見ました。満足です。
ここで山車の総引きや、参堂の駆け上がり、駆け下りも見られたし、満足だったよ。

あの狭い参堂で、あんなふうにすれ違えるとか、神業だわ(^▽^;)

画像


あと、こんなに近くでも見られた。目の前数十センチを通り抜けていくから、迫力あったよ\(^▽^)/

画像


でも、体は大いに疲弊した…。真っ昼間から20:00くらいまで通しで見ていたから。


病状。
7/10前後から気分がおかしかった。
やたらと気分がいい。というか、ハイ。五感が敏感。。異常なまでに。気が大きくなる→超浪費。自制も何も消える。一体どれだけお金使ってしまったのか。

でも、それは数日の話。
3、4日経つと五感は過敏。人の声、生活音、車の音、風の音、果ては自分の呼吸さえも、全部叩き壊したくなるほどに煩わしくなっていた。
抑うつ状態とどっちがマシかと言うと、抑うつ状態のほう。

音も臭いも、目に入ってくる光景もすべてがダイレクトすぎて気持ち悪い。死にたくなるほどに。
叫んだ。あまりの不快感に。転げまわった。頭押さえて。
一秒たりともじっとしていられないし。突き動かされるような。

そして眠れない。目を閉じているのに、目が開いてるような矛盾した感覚。感覚共有できるんら、是非ともしてもらいたかった。一連の苦痛について。四六時中臨戦態勢。
薬飲んでも眠れない。2時間眠れればいいほう。中途覚醒も酷い。何回起きたか数えるのも嫌なくらい。

頓服のリスペリドンも入れてみた。でも、一個じゃ効かない。2つも3つも入れてようやく少し落ち着く。

一週間くらいこの症状は続いた。
主治医に話すと「双極性障害」だと。ようは躁鬱。

あの期間中はお酒なんてまったく飲む気になれなかった。
本当に何をするかわからなかったから。

お酒飲んで無くても、飛べそうだったよ。身体、切り刻めそうだったよ。

どうにかしたくて、あまりよろしくないものに手を出した。
非合法じゃないけど。
煙草に手を出した。

画像


少しは落ち着けるんだ。ほんの少しだけど。

今は実家に出戻りの準備の真っ最中。はやく終わらせないと。

あと、一週間ちょっとで一年だな…あれから。
もうそんなに経ったのかと思うと、この一年は何だったんだろう?
何なんだろうとしか思えない。

尻は自分で拭く。
ことは自分のの不始末以外の何ものでもないから。

あ、出戻り準備終わったら、入塾式の時の挨拶を考えないと。
どういうわけか代表に選ばれてしまったからなあ…。

ま、やれるだけやる。もうそれしかないし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック